まなママのアレっ子ブログ

アレルギーっ子ママとしての記録をUPしていきます★皆さん 仲良くしてください( ^ω^ )

初めてのプリックテスト

初めてのプリクッテストの日!

準備は万端。食材を用意して早めに病院行って、もちろん娘にも事前に説明して。皮膚科の先生にやってもらいます。

いざプリックテスト…ってそもそもプリックテストとはなんでしょう??

 

プリックテストってなぁに?

プリックテストとは…アレルギー検査の1つ。皮膚テストで、即時型アレルギーに対応する検査です。

プリック針と呼ばれる注射針のようなもので腕にポチッと刺し、少し傷をつけます。そこにアレルゲンを刺して15分待ちます。

15分後に傷の周りがどのくらい赤く腫れるか、もしくは腫れないのか…みていきます。

 

即時型アレルギーってなぁに?

即時型アレルギーとは…原因アレルゲンを接種直後からおおよそ30分後くらいに即時に出るアレルギーのことを言います。多くのアレルギーが即時型のようです。


我が娘もこの即時型アレルギー!

 

ということで、ついに挑みます!

 

プリックテスト挑戦


まずは、8種類


1 ちんげん菜

2 キウイ

3 オクラ

4 いちご

5 しめじ

6 鮭

7 きゅうり

8 いんげん

 

2種類撮り忘れちゃったけど、こんな感じです⇩⇩

f:id:mana_mama_allergy:20190415214835j:plain

アレルゲン

少なくて検査受けられなかったら嫌なので、ちょっと多めに持っていきました。

ポイントは4つ!

1 生で持参

     →生バージョンと加熱バージョンで検査するから

        当日、病院のレンジで温めてくれました。フルーツは生のみ。

2 接触しないように小分け

     →混ざっちゃうとアレルゲンわからなくなっちゃいますもんね。うんうん。

3 キウイは皮ごと

     →皮ごとの方が反応いいらしい。

4 お薬ストップ

  →アレルギー症状を抑える薬はプリックテストに影響するので3日前から飲まないようにとのこと。ステロイドの塗り薬は塗ってても影響ないそうです。でも、小児科の先生からは反応出にくくなる場合があるって言われていたので、一応ステロイドも当日は塗りませんでした。


そしてプリック針を刺していきます!


ベッドにコロンと寝かされ、「きのこ生」みたいなアレルゲンがわかるシールを貼られ、ポチッと刺していきます。娘涙をいっぱいためながら頑張ります。ひたすら耐えます。

両腕に16箇所!生食、ヒスタミンっていうのも刺してました!特に説明はなかったので、よくわからず。。患者側はあまり気にしなくて良いのでしょう。おそらく。

 


結果は15分後…

 


全食品反応なしー‼︎‼︎

 

えーーーーΣ(゚д゚lll)うそーーーーΣ(゚д゚lll)

 


と言いつつ、赤ちゃんの頃に少し食べてよくわからないなぁってのがほとんどなので、そこまで驚きませんでした。ただ、いちごと鮭には驚き‼︎間違いなく何度も出てるんですよ。。。

 


謎(´・_・`)

 


つまりはね、アトピーの可能性が高まり、疑わしい食品は関係なく、たまたま食べたタイミングで肌が荒れただけという説!!

 
今まで小児科一本で受診していました。

小児科の先生と私からみたらお肌とてもキレイなんですよ!とてもアトピーとは思えない。

でも皮膚科の先生からみたら多少ごわついている。(この1ヶ月ものすごく荒れてるから、確かに鳥肌みたいな感じが残ってるし、実際痒い、痛い言ってる)

目には見えないくらいの小さな傷が出来てて、痛がっていると思うとのこと。

そう、皮膚科の先生しかわからないレベルの肌荒れ状態で、食物アレルギーも間違いなくあったから、アトピー説はあまりなかったのでしょう。ただここ1か月の肌が今までにないくらい荒れたから新たな事実にたどり着いたと言いますか…。まだはっきりしませんが。

 

次なるステージ


ということで、食物アレルギーよりアトピーを疑いましょう。という解釈をしました。

まだもう1回プリックテストがあるので、先生はそこまでは言いませんが。

 
とりあえず、反応のなかった本日の食品8品を試してみてとのことで、早速今日から試していきます!!