まなママのアレっ子ブログ

アレルギーっ子ママとしての記録をUPしていきます★皆さん 仲良くしてください( ^ω^ )

アトピー経過とステロイドについて

 

おはようございます。

今日は娘のアトピー治療の経過とステロイドについてです。

アトピーの経過

前回、初めて新しい病院を受診しました。

そのときの様子はこちらから

www.mana-mama-allergy.com

 

初回以降2回受診、約1か月半経過しています。

 

初診でアトピーの診断を受け、保湿&ステロイドでまずは肌の状態を回復することとなりました。

 

この時点で娘の肌の状態はごわついており、鳥肌のようなものが体幹を中心にあります。

他に首と膝裏が同様に荒れている状態。痒みは全身にあり、寝る前が1番酷く、寝ている間も痒くて何度も起きる状態です。

 

ということで処方されたのが、ヒルドイドクリーム(保湿剤)とステロイド

 

初診から約1か月間…

 朝 ヒルドイドクリームのみ

 夜 ヒルドイドクリームとステロイド

 

 びっくりなことに、塗りだして翌日には肌荒れが少し落ち着き、3日後にはとてもきれいな肌になりました。

 痒みはまだある様子も、夜何度も起きることはなくなっていきました。

 3回目の診断時には、肌は綺麗、首の痒みはなく、脇、脇腹、膝裏、頭の痒みのみ残っていました。痒いとは言わなくなり、痛いという表現だけの状態です。

 

3回目の受診以降…

 朝 ヒルドイドクリームのみ
 夜 ヒルドイドクリームとステロイド 週に2回

   ヒルドイドクリームのみ     週に5日

 

 ステロイドの量が一気に減ったのです。

 

 でも…これが良かったのか悪かったのか…(´;ω;`)

 

 夜ヒルドイドクリームになってから2日後には痒みが強くなりました…

 

 間もなくして「ジベル薔薇色粃糠疹」になってしまい、斑点の痒みも伴うことに…

 

 ジベル薔薇色粃糠疹の痒みが無くなって、残った痒みは、頭、脇、脇腹、膝裏がやはりメインです。

  あんまりにも痒がるので、週に2回のステロイドを週に3回にしてみたり…。夜も何度も泣いて起きる日も…ただ、今のところ肌は綺麗な状態です。

 季節的に暖かくなってきて、娘の体温もあがってきているのも影響しているのでしょうか…。

 とりあえず、今後は夜のみ、週に2日、痒がるときはとにかく冷やすという方法で、近日に迫った次回の診察まで待つ予定です。

 昨晩はステロイドを塗りましたが、夜1度しか起きず。寝る前もギャン泣きするほどは痛がりませんでした。やはり塗ると効果あり。

 

ステロイドについて

ステロイドとは

 皮膚の炎症を抑えるのに効果的な薬です

 私たちの体内にある副腎皮質という臓器で作られるホルモンで、それに似た成分で作られるのがステロイドです。ステロイドには、外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があります。

 

ステロイドの副作用

 外用薬において、ステロイドの誤解が根強く拡がっていますが、必要量、決められた塗り方で使用していれば、まず副作用の心配はないようです。

 内服薬は、成人が悪化したとき一時的に使用することはありますが、子どもは副作用の影響が出やすいので、アトピーの治療に使用することはあまり好ましくありません。

 

外用薬…長期連用すると皮膚が薄くなる

    多毛・ニキビ(これらは止めると改善します) など

内服薬…背が伸びない

    感染に弱くなる

    多毛

    白内障・緑内障 など

 

 うちの娘は内服薬をよく処方されています。マックス服薬していたのが、負荷試験を実施中に1日2回を3週間程。他はアレルギー症状がでたときに2週間程だったり、数日だったり。

 先生の指示とは言え、ちょっと不安になりました。。。でも、今のところ目立って副作用を感じてはいないので、恐らく大丈夫なのかと思います。

 アトピーの治療においては処方されませんでした。

ステロイド外用薬の強度

 ステロイド外用薬は、ステロイドの強さによって分類されています。

 強弱と主な商品名は下記のとおりです。

 

 最も強力

  ジフラール・ダイアコート・デルモベート・コムクロシャンプー

 かなり強力

  アンテベート・シマロン・テクスメテン・トプシム・ネリゾナ・パンデル・ビスダーム・フルメタ・リンデロンDP・マーデュオックス・ドボベット・マイザー

 強力

  アドコルチン・ザルックス・フルコート・プロパデルム・ベトネベート・ボアラ・ベクラシン・メサデルムリンデロンVエクラー

 中程度

  アルメタキンダーベート・ケナコルトA・リドメックス・レダコート・ロコイド

 弱い

  プレドニゾロン

 

 ピンクの薬品が、うちの娘が今まで処方されているものです。

 強力なものも使っていたことにちょっとびっくり。。。

 今回のアトピー治療には、黄色のアルメタを使っています。

脱・ステロイド外用薬

 ステロイド外用薬は、最終的には使用しないことを目標としています。

 保湿に完全移行していくわけですが、保湿は一生欠かせません。

 脱・ステロイドするためには、まずは毎日使用し、皮膚を完全に良くしてから、徐々に使用回数を減らしていきます。

 ポイントは途中でやめないこと!!

 表面上良くなったと思っても、中の部分の炎症が治まっていない場合、薬をやめると再発してしまいます。

 よって、良くなったと思ったら、使用回数を減らしていく→2日空けてみて、湿疹が再発しなければ、今度は3日空ける…といった具合です。減らす頻度は自己判断ではなく先生の指示に従いましょう。

 これを続けていくことにより、最終的には保湿のみで良くなっていきます。

ステロイド外用薬の塗り方ポイント

 ①塗る人の手はきれいに洗う

  塗る人の手が汚いと菌も一緒に塗っているのと同じです。それではよくなりませんので、お気を付けください。

 ②入浴後がすぐに塗るのがおすすめ

  お風呂からあがった瞬間から肌は乾燥していきます。余分な水分をふき取った後はすぐに塗っていきましょう。

 ③皮膚にのせるようにたっぷりと

  薄く塗ったり、すり込むと炎症部分に薬がつかない場合があるようです。必要な部分にのせるようにたっぷりと塗っていきましょう。

 

ステロイド外用薬は、塗り方によって効果が異なってきます。ポイントをしっかり守って塗っていきましょう。

 

まとめ

 ステロイドについては、賛否両論あると思います。

 今回先生から受けた説明では、適正に使えば副作用は心配ないとのことでした。誤解がたくさん拡がっていると。

 ネットを開くと本当に多くの情報があり、判断に迷います。ただ、今は先生を信じ、ステロイドを使用していこうと思っています。

 今後、ステロイドについてもたくさん勉強していきたいと思います。