まなママのアレっ子ブログ

アレルギーっ子ママとしての記録をUPしていきます★皆さん 仲良くしてください( ^ω^ )

食物経口負荷試験-入院 椎茸-

こんにちは^^

体調崩していましたが、だいぶ回復してきたので、またブログアップしていきます⤴︎⤴︎

椎茸の食物経口負荷試験 入院編

さて、先日、娘初めて入院しました!日帰り入院です!


朝入院して、夕方には退院🏡入退院が同日のことを日帰り入院というそうです。

 

知らなかった~(*´з`)

昔は1.2泊くらいしないと試験できなかったそうですよ…

心臓にも負担かけるということで、入院前に心電図の検査もしました。

結構大変なことなんですね…

 

そんなこんなで、今回は、椎茸で食物経口負荷試験を行いました!

椎茸は、過去に食べて嘔吐したことが2,3度あります。皮膚症状はポツポツと赤いものが出てくる程度。

 

病院での負荷試験のルール

1  娘の拳分くらいの椎茸を1度に食べる

  今回は、何度か試していたけど判断に迷う程度だったので、通常2,3回に分けて食べさせるところ、思い切って1回で食べさせて様子を見ることになりました。

2  経過を見る

 病院はおもちゃやプレイルームもあり、ついついお肌の様子を確認し忘れそうになりますwよくよく観察しましょうww

 

結果

直後にお肌を確認したきり、うっかり確認せず遊んでしまっていましたw

 

ふと思い出したのは1時間後…

 

お肌には、ポツポツと赤いものが出ていました(T_T)紅斑と呼ぶようで、10個に満たない程度。吐きはしなかった(*^▽^*)

 

ASCAスコア

食物経口負荷試験における誘発症状の重症度を定量的に評価するスコアシステムとして、「アナフィラキシースコアリングあいち:Anaphylaxis Scoring Aichi (ASCA)」というものがここ数年では使われており、それにより重症度を診断されます。

呼吸器、皮膚粘膜、消化器、神経、循環器の項目に分け、重症度を評価していきます。

 

診断結果

下記が娘のASCAスコアです。

スコアは…点数が上がるほど重症です。

 

 軽傷 0点

    ①1点  ①‘5点

    ②10点  ②‘20点

    ③40点

 重症 ④60点

 

娘は、皮膚粘膜、①‘5点のところの紅斑に該当

f:id:mana_mama_allergy:20190804091645j:plain

 

つまり…

 

スコアは低いので、アレルギーである可能性は低い、もしくは無視していい程度!!

とのことでした。無視していいというのは、多少紅斑が出る程度のアレルギーだった場合、食べていくうちに自然と治っていくから気にしなくていいそうです。

 

この紅斑が10個以上出てきたりしたら気にしなくてはいけませんが、今回の娘の場合は、今後食べても問題ないそうです。

 

やったーーー

 

椎茸もアレルギー疑惑から除外されました!!

 

現在のアレルギー疑惑【15品/17品】

いちご、鮭、ズッキーニ、いか、卵、乳、牛肉

さくらんぼ、しめじ、キウイ、いんげん

そらまめ、きゅうり、オクラ、チンゲン菜

 

椎茸…除外ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

とろろ昆布…除外ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 とろろ昆布食べたときに口の周りに赤いポツポツが出ていたけど、よく考えたら昆布の出汁を使っていたので、大丈夫だろう…と(お医者さんにも相談済)判断し、実は食べさせていました!

 結果はもちろん反応なしで、除外です^^

今後の方針

① 疑惑の食品を自宅にて試していく

  15品中、卵、乳、牛肉の3品は明らかにアレルギー症状が出るので他の12品に挑戦。
② アレルギー対応の調味料を増やす

  除去食が多いと、いざ食べられるようになっても、食べ慣れないことで新しい味を受け付けなくなることも良くあるそうです。好き嫌いも激しくなるそうで…いろんな味に慣れさせることも大事!!

 栄養士さんにアレルギー対応の調味料を教えていただいたので、下記↓↓↓でご紹介します!!

www.mana-mama-allergy.com 

③ ステロイドを毎日に増やす&プロトピック導入

  アトピーに関しては痒みが出ているので、ステロイドを減らすのが時期尚早だったようです。週に2回でしたが、毎日に戻します。見た目は荒れていないので、プロトピックも使っていきます。

 

  プロトピックとは、ステロイドとは異なるアトピー性皮膚炎の治療薬です。

  かゆみに対する効果が強いようです。悪い状態を良くするのがステロイドで、良い状態を安定させるのを得意とするようです。

 

まとめ

 

ものすごく前進した気分です。

 

食物アレルギーについては、先生にきちんと診てもらったことで、多少の紅斑は気にしなくて良いとわかったので、すごく安心です。

 

アトピーは、痒さがなかなか取れず、特に夜寝る前や寝ている間に痒くて泣くのでかわいそうですが、うまく付き合っていきたいと思います。

 

また経過UPしていきます^^